Zvolog クリシュナ

ARTICLE PAGE

不思議な蝶

author photo

ByZvolan

フジバカマが咲いているだろうから、アサギマダラが来てるかも~と ちょっと宗像へ出かける。
ほたるの里にあるフジバカマを見に行ったが、台風の強風の影響でフジバカマがボロボロだった。
でも、2頭いた~
アサギマダラを見守っている女性が登場、いろいろ説明してくれた。
DSC08441_2017102501150304c.jpg
DSC08278 (2)
DSC08279 (2)
DSC08442_20171025011505155.jpg
DSC08289 (2)
DSC08285 (2)

幼虫、さなぎ、羽化の写真を見ませんか、と言われ、資料室?へ。
ホタルの説明板や ホタルを育てている水槽がある。
DSC08303.jpg
DSC08305.jpg

そこで、近くのフジバカマポイントに行くという人がいて、
お時間あるのなら見に行ってみませんか?と言われ 便乗することになった。
DSC08306_20171025011956aba.jpg
DSC08308.jpg
DSC08315_20171025012000209.jpg
DSC08319.jpg
DSC08318.jpg

個人的な畑、山の中にあるフジバカマポイント。
DSC08332 (2)
DSC08333.jpg
DSC08426.jpg

ひゃー いっぱいいたよ。
こんなにたくさん見たのは初めてだ。
DSC08372.jpg
DSC08366.jpg
DSC08375.jpg
DSC08380.jpg
DSC08403.jpg
DSC08404.jpg
DSC08409.jpg
DSC08411.jpg
DSC08417.jpg

DSC08356 (2)
DSC08372 (2)
DSC08364 (2)
DSC08387 (2)
DSC08385 (2)
DSC08421 (2)
DSC08406 (2)
DSC08425 (2)
DSC08428 (2)

フジバカマに集まっているのはほとんどがオスのアサギマダラ。
メスはどんな花の蜜でもよいんだけれど、オスはフジバカマの花でなければフェロモンつくれず
繁殖ができないんだそうだ。

アサギマダラの観察をしている人たちがいて、写真を撮ったり、マーキングしたり。
いつどこで、というのを羽に書いておくと、その蝶がどこまで飛んで行ったかかわかる。
長距離とんで羽がボロボロだったり・・・・
こんなヒラヒラ、海を渡って何千キロも飛ぶとは すごいなぁ
DSC08427 (2)


いろいろ話を聞いて勉強になった。知らないことばかり~
アサギマダラ、思わず満喫~
帰る時、その近所の人が、甘柿ですよ、と自分のうちの柿の木から柿をもいでくれて
4個もいただいた~
DSC08485.jpg

田染荘のホタルの時もそうだったが、いきなり案内してくれる人が現れる。
こうして連れてきてもらわなければ、2頭チラ見で終わっていたところだ。
ホント、いつもながら神のお使いだな。
いやぁ、本当にありがたい~


関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 2

櫻  

旅先で出会ったね

この蝶!印象的で覚えてる~
以前、奈良?どこだっけ?ここぞという時に現れて印象的だったっけ・・
タイミングよく必要な話を聞かされるというか、いろいろ面白いね~

2017/10/25 (Wed) 12:39 | EDIT | REPLY |   

高明  

不思議な羽の色

たしか京都で初めてみたんだよね。
羽が透き通るような不思議な色だったから、ガン見したー
岩戸山古墳でも見たよね。
10月は渡りの季節みたいだから、ちょうどその時だったんだね。
いろいろ説明してくれる人が登場して不思議だなぁ
ありがたい~

2017/10/25 (Wed) 20:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply