Zvolog クリシュナ

ARTICLE PAGE

葬式

author photo

ByZvolan

葬式関連で面白い話を聞いたので、ちょっと思いだした。
私は葬式に行ったことがない。
だからお焼香とか あれこれ儀式やら習慣とかさっぱりわからない。
喪服も着た事ないし、っていうか、持っていない。
誰も死んでないのか?というわけでは 全くない。
それどころか 結構死んでいる。
そういえば、死なないで、って思ったことよりも 早く死ねばいいのに、と思うことばかりだな・・・

いつだったか、誰それのお母さまが亡くなった、とかなんとか メールがきてた。
へぇー 知らないし、と思い放置。
またメールがきた。 はぁ、まただ。と放置。
何通か放置したあと、携帯の留守電に入ってて、それでも折り返し連絡することはなかった。
そうしたら家の電話にかかってきた。○○さんのお母様が亡くなって お葬式はなんだらかんだら・・・
そうなんですかー と私。
ビミョーな沈黙があり、あとはなんか覚えていないが、終了。

ずいぶん後になってから、別の話で葬式の話になって、
そういえば電話かかってきたんだよねー わざわざ知らせてくれなくてもいいのにねー などと話したら
もしかして、葬式に出て手伝いとかしてほしかったんじゃ? と言われた。
へぇーへぇーへぇー そうなのかー 
そういえば うちのが職場のだれそれの誰々が死んだから、って たびたび手伝いに行ってたっけね。
いやぁ 気づかなかったなー っていうか、全く想像もしなかった。
ホント、ずいぶん後になってから、あの時のビミョーな空気、沈黙の意味がわかったよ。
いつですか、何時に どこへ行けば良いですか、とか言うのが常識的だったのか。
それどころか、まだ生きてたんですか、また生まれないといいですね、なんて言わなくてよかったなぁ、とホッとした。

DSC02022_20170722001632efb.jpg


関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 0

Leave a reply